Posted on

税理士と弁護士がいる法律事務所のメリット

身近な人の財産を相続するときは、いろいろな問題が発生します。
まず、相続による相続税の支払いを考える必要があります。
それに関しては「基礎控除額」があり、相続する正味の遺産額が基礎控除額を超えない場合は相続税を心配しなくてもよいでしょう。
ただ、財産のなかに不動産があり、評価額がわからない場合は、相続すべきか迷うこともでてきます。
そのようなとき、税理士に相談することがおすすめです。
それとは別に、相続人の間でなんらかのトラブルが発生するかもしれません。
こちらは、思った以上にやっかいです。
スムーズな解決をするためには、弁護士に相談できると心強いですよね。
こういった理由から、相続関係の相談は税理士と弁護士がいる法律事務所が理想的ではないでしょうか。
実際、相続専門の弁護士・税理士が存在する法律事務所があり、遺産分割、遺留分減殺請求など、幅広い相談に対応しています。
財産を受け取りたい人だけでなく、財産を残したい人も相談できることが大きな特徴です。
もちろん、遺産相続をするかどうかは個々によります。
相続問題に直面したとき、悔いのない選択をするためにも、税理士と弁護士がいる法律事務所への相談を考えましょう。