Posted on

税理士と公認会計士の仕事はどのように違うの?

「税理士」になると、記帳代行や確定申告関連書類の作成などができるため、個人事業主や会社経営者のなかには親しみを持つ人もいるのではないでしょうか。
税理士とよく比較される仕事として「公認会計士」があります。
そのため、お金に関する仕事に就く場合、どちらを目指すか検討中の人もいるかもしれませんね。
これらの仕事をするためには、それぞれに資格が必要です。
また、公認会計士の資格で税理士の仕事を行うことが可能ですが、その逆はできません。
さらに、弁護士の資格があると、税理士の業務を行うことも可能です。
仕事に就くためには、それぞれの仕事の特徴を把握しましょう。
税理士になると、個人事業主や企業経営者などに寄り添った仕事ができます。
一方、公認会計士の仕事は監査業務という点が大きな特徴です。
また、大手企業の決算書などをチェックすることから、大手企業経営者にとって、公認会計士は敬遠したくなる存在かもしれませんね。
ただし、税理士と公認会計士、ふたつの仕事を行っている事務所も存在します。
そのため、税理士などを目指す人は、このような働き方があることも知っておきましょう。