Posted on

歯科衛生士の仕事を知る

友人などのお見舞に医療機関を訪れると、多くのスタッフに接する機会があります。
また、自分が医療機関を受診することで、スタッフの存在をよりリアルに感じるのではないでしょうか。
歯医者を訪れるときも例外ではないですよね。
やはり、歯科医師の存在は大きいですが、受付スタッフや歯科助手など、多くのスタッフと接します。
歯科衛生士の存在を身近に感じることも多いでしょう。
ちなみに、歯科衛生士とは、歯や口腔の健康づくりをサポートする専門職としても注目されています。
しかも、国家資格なので、一生使えるメリットもあります。
歯科衛生士の仕事には「歯科予防処置」「歯科診療の補助」「歯科保健指導」の3つがあり、いずれも専門性の高い知識や技術が不可欠です。
また、予防歯科の重要性が問われるだけに、歯科衛生士の役目が大きいといえるでしょう。
なお、些細なことが原因で、歯医者に苦手意識を持つ人も少なからずいます。
しかし、歯科医師に遠慮するあまり、言いたいことが言えないかもしれませんね。
そのようなとき、歯科医師との間を「橋渡し」してもらえる歯科衛生士の存在は、大変心強いのではないでしょうか。