Posted on

新宿の税理士事務所は需要が多いのでは

3月中旬で個人の確定申告の受け付けが終わり、税理士さんもホッと一息を思いきや。

4月5月は、3月決算の法人の申告が集中するそうです。

ちなみに、日本の学校や役所が4月に始まり3月に終わるのは税金に関係があるんですって。明治時代、地租(今の固定資産税に当たる)を徴収するタイミングが4月だったから、だそうですよ。現在、この4月新年度というのが国際的に少数派ということで、東大あたりを9月入学にするとかしないとか話が出たことがあったけど、そういう思いつきでやると、振り回されるのは現場の学生や先生たちですから、安易な変更はしないでほしいですね。ゆとり教育なんか、その最たる例。

そういうわけで、税理士さんは冬から春にかけてが忙しいようです。夏は比較的ヒマなんだそうです。だから、税理士試験も時間に余裕のある夏に行なわれるんだとか。なるほどねぇ。

日本で地域的に税理士事務所が多いのはどこだろう? やっぱり新宿かな。企業はもちろん、飲食店も多いし、風俗店も多いし、業種が多岐にわたるから、新宿の税理士事務所は需要が多そう。それに、都庁も、もちろん税務署もあるから、いろんな申請などする際に何かと便利なのでは?